So-net無料ブログ作成
検索選択

お食事田島@福井旅行 2013.8 [旅行記]

福井旅行の2日目は、おおとくさんをチェックアウトしたあと、越前松島水族館へ。
写真がいいのなかったので無掲載です(×_×)
ここで「磯生物観察体験」というのを申し込んでいたので磯体験。
シュノーケリングしながら、磯の生物観察をしました。
小さなハコふぐやシマシマの魚なんかがいて楽しい~。
子ども達もはしゃいでました。

お昼はきちんとは取らずに、暑かったのでカキ氷やアイスを食べてしのぎました。

夕方水族館を出て、【お食事田島】さんへ。
ここは海鮮丼で有名なお店で、前日の夕飯も海鮮を堪能しましたが、やっぱ最後もってことでこちらのお店へ行きました。

P1060336.jpg

P1060324.jpg
メニュー。
P1060325.jpg

メニューより我が家は「海鮮丼」、海鮮二色丼の「うに・いくら丼」「甘海老・いくら丼」
姉のところは「海鮮丼「うに・いくら丼」「甘海老・いくら丼」「サーモン・いくら丼」

P1060326.jpg
これは「甘海老・いくら丼」。旦那くんの。

P1060327.jpg
甘海老美味しい~。頭の味噌部分も吸って食べましたが、うまい。

P1060329.jpg
息子くんの「うに・いくら丼」

P1060330.jpg
こんだけの「うに」は贅沢の極みです。
よく回転寿司のうにって何だか美味しくないので嫌いなのですが、このうには臭くなくて甘くて美味しかったです。
息子くんが半分くらいしか食べなかったので「うに」もらいましたが、うにって美味しくっても大量に食べると飽きるんですね。
いままで飽きるほどウニって食べたこと無かったので(^^;)

P1060332.jpg
私の海鮮丼。

P1060334.jpg

P1060335.jpg
魚は「甘海老、うに、いくら、かんぱち、すずき、イカ、貝、鯛(何とか鯛、真鯛とかじゃないやつ)。
どれもおいしかったけど、特にかんぱち、うに、いくら、甘海老が良かったです。

P1060328.jpg
姪のサーモン・いくら丼。

汁物は甘海老汁。海老の香りがしてこちらも美味しかった。

値段は2,000円以上と張りますが、この内容なら、安いのではないでしょうか。

夕方の部のオープン10分前に行きましたが既に2組お待ちで。
オープン時には席には着けましたが、ふと周りをみると満席で、既に待ち客がいました。
人気店なんですね~。

福井に来たらまた寄りたいねと姉と言っております。

早めの夕食後は、「三国温泉ゆあぽーと三国」で、お風呂に入ってからそれぞれの帰路に着きました。
楽しい福井旅行でした。

『お食事田島』

住所:福井県坂井市三国町宿1-17-42
電話:0776-81-7800
営業時間:11:30~16:00 /17:00~20:00
定休日:木曜
駐車場あり
お店への地図:食べログ参考

管理人的おすすめ度:☆☆☆★ 3.5

nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

福井旅行 その② 2013.8 [旅行記]

さて、福井旅行民宿の朝ごはん♪

P1060281.jpg

P1060282.jpg
冷奴、じゃこおろし、鯵の開き、温泉たまご、練り物

P1060283.jpg
菜物のおひたし、お味噌汁、お漬物、ところてん

P1060284.jpg
らっきょ、イカの塩辛、へしこ

P1060285.jpg
このへしこはおおとくさんで作られた自家製

どれもこれも美味しくて、特にお味噌汁とへしことイカの塩辛が絶品。
朝からごはんを3杯食べちゃいました(^^)
そして、朝食後にはコーヒーがサービスされました!
まぁ、私コーヒー飲めないんですけどね、旦那くんが2杯飲んでました。

朝ごはんをいただいて、もういっかい温泉に入ってからチェックアウト。
帰りにらっきょのお土産をいただきました。
おおとくさん、すごく良かった~、また福井旅行の折には宿泊したいと思います。

この民宿は「雄島」の本当に近くにあるので、チェックアウト後、朱塗りの橋を渡り雄島へ上陸~。
P1060294.jpg
民宿からみた雄島

P1060310.jpg

P1060302.jpg
海女さんが漁をしていました。

P1060304.jpg

P1060305.jpg

P1060303.jpg
サザエかな。

P1060307.jpg
雄島の神社の鳥居。

P1060308.jpg
雄島を散策できるようだけど、蚊の大群に襲われた過去もあるし、反時計まわりすると憑いてくるという噂もあるし、で散策はせず。

この後、越前松島水族館へと行くのでした。


nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

福井旅行 その① 2013.8 [旅行記]

今年も姉一家との福井旅行に行ってきました!
昨年と同様「芝政ワールド」。目的はもちろんプール&スライダー。

大変お天気が良く快晴。日焼けしないようにラッシュカードを着て、白いっなんて気にせず顔に日焼け止めをぬりぬり。足にもぬりぬりしながら、プールとスライダーを楽しみました(*^。^*)

肝心のプールの写真とか無いです(^^;)
P1060252.jpg

P1060251.jpg
やはり夏休みなので人は多かったけど、イモ洗いではなく、泳ぐスペースあるし楽しかったです。
でも日除けのある場所は既に先客ありなので、ちゃんとワンタッチテントを持参しました。

1日目は芝政ワールドを楽しみ、夕刻に宿泊先へ。
前回は大きな旅館(ホテル)でしたが、今回は雄島近くの「おおとく」さんという民宿でお世話になりました。
三国温泉なので、小さいながらもお風呂は温泉でした。
数年前にリニューアルされたらしく、お部屋などきれいでした。

さて、おおとくさんの夕食です。
今回は鮑、サザエ、能登の岩牡蠣が付くプランで(*^_^*)
オーナーさんがイタリアンのシェフ出身ということでお料理も期待大です。

今回は子ども達は「お子様ランチ」にして、大人のを横から分けてあげるというのにしました。

P1060255.jpg
まずは前菜です。きれいに盛り付けられていて、ひとつひとつがとてもおいしい。。。
とくにおいしかったのが、じゃがいもとゲソのジェネベーゼ風、穴子だと思うのだけど巻いて揚げたやつ、小芋。

P1060254.jpg
サザエの壺焼き。といっても、2時間くらい煮て軟らかくしているらしく、とてもおいしかったです。

P1060261.jpg
じゃーん!お刺身盛り。4人前です。

P1060262.jpg
あ・わ・び (*^O^*)V
二人で1個だけど、旦那くんがあまりアワビ好きでないので、ほぼ1個いただきました。。美味しかった~
息子くんにも「食べる?」って聞いたけど生のアワビは好きでない様子。おいしいのに。。コリコリ。。

P1060263.jpg
サザエもお刺身で。ひとり1個。こちらもコリコリ、磯の香りがしておいしいなぁ~。

さて、大分長い記事ですので、ここら辺で折りたたみます。
続きを見ていただける方は面倒なのですが、下の 続きを読む を押してくださいね。

続きを読む


nice!(19)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

福井旅行 その③2012.8 [旅行記]

さて、東尋坊で遊覧船に乗ったあとは、東尋坊のお土産屋が並ぶ通りを歩いてお買物。
写真は無いですが、「ひじきふりかけ」とか買ったり、珍味の試食をしたりして、結構楽しかったです。

東尋坊観光の次は勝山の「恐竜博物館」へ。
でもその前にお昼ごはん。

お昼ご飯は事前に調べて、席予約のみしておいた「海鮮茶屋五右エ門」さん。
121207P1040561-46172.jpg
三里浜よりちょい西の辺。予算1,000円前後です。海鮮系が食べたかったのだけど、三国で有名な「海鮮丼」は2,500円ほどするし、今回は安めでいきたかったので。

子どもたちは「すしラーメン定食=890円」などを頼んでおりました。(写真なし)
旦那くんと私は「海鮮丼(並)1,050円」「旬のにぎり寿司1,260円」を頼んで分け分け。
姉夫婦も同じように~。

121207P1040557.jpg
海鮮丼。甘海老、イカ、ハマチ、鯛、ワカメなどなど。
抜群!ではないですが、そこそこ美味しかったです。

121207P1040558.jpg
旬のにぎり寿司。味噌汁つき。

121207P1040559.jpg
いくら、〆鯖、イカ、甘海老

121207P1040560.jpg
イワシ、鯛、ハマチ、マグロ(多分ヨコワ)

イワシの小骨が気になったけれど、こちらもそれなりに美味しかったです。
まあ、お寿司屋さんで旬のにぎりセットをいただいたら2,500円くらいはしますしねぇ。
1,260円だし、100円寿司より美味しかったです。

お昼を食べた後は「恐竜博物館」へ。
あまりいい写真がないのでごめんなさい、UP画像無しです。
博物館では予約を入れておいたので、化石発掘体験をしました!
小さな巻貝でしたが、化石も発見できたので、子ども達は満足したようです(^^)
博物館も大きいし、見ごたえありました。

ということで、遅くなりましたが、昨年行った福井旅行でした~~。


『海鮮茶屋五右エ門』

住所:福井県 福井市川尻町41-8-1
営業時間:11:00 ~ 21:00
定休日:水曜日
駐車場あり
公式HP

nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

福井旅行その② 2012.8 [旅行記]

昨年の福井旅行、2日目。

清風荘さんの朝食はこんな感じ。
121207P1040533.jpg

121207P1040534.jpg
バイキングではなかったので、量もほどほどで完食しました。

チェックアウトしたあとは東尋坊へ行きました。
130106P1040541.jpg

東尋坊は旦那くんと昔来たことがあったのですが、遊覧船に乗ったことがなかったので乗ることに。
姉一家も遊覧船は初めてとのこと。
乗船場はかなり急な階段を降りていきます。

船から見た風景。
130106P1040552.jpg

130106P1040553.jpg
東尋坊の絶壁を見上げた風景。

130106P1040554.jpg

130106P1040551.jpg
雄島です。朱色の橋がかかっており、島まで渡れるようになっています。

130106P1040550.jpg
雄島の裏側。

~ここで雄島談~
ちなみに雄島、有名な心霊スポットらしいです。(東尋坊もそうだけど)
東尋坊で飛び込み自殺した人の遺体が潮の流れで雄島にちょうど流れ着くそうな・・・。
雄島には散策道があり島を一周できるようになっていますが、半時計周りに周ると連れて帰ってくるとか(何を?!ってもちろん・・・)っていう噂があるそうな。

昔、旦那くんと心霊スポットということも知らずに雄島に観光に行きました。
遊歩道があると知り、散策しようと入り口の階段を上がったところ。。。もやっとした黒いものが前から近づいて着ました・・・。
「なんだ?」と近づく黒いもやを見ると・・・“蚊の大群!!”!!━━━(゚ロ゚;)━━
「逃げろ~~!」と二人で、もと来た道を全速力でダッシュ。

振り返るともう居ませんでした(ずっとは追いかけて来なかったようで(^^;))
でも服を見ると数匹の蚊が口の針が服に刺さった状態でぶら下がっていました・・・。
後にも先にもあれだけの蚊の大群を見たことはありません。

あとから、有名な心霊スポットと知りましたが(さびれた感じの神社もあったし)、幽霊よりも何よりもあの「黒いもや(蚊の大群)」が一番怖かったです。
(もしかしたら「入って来るな~」っていう虫の知らせみたいなものだったのかしら。とすれば効果てき面な排除法です、ハイ)

とその雄島の近くも遊覧船は船行します。
でも乗船場までまた戻るというコースで30~40分くらいだったと思います。
初めて乗ったので、結構楽しかったです。

ということで続く。。。。。


『東尋坊』
住所:〒913-0063 福井県坂井市三国町東尋坊
電話:0776-82-3111
三国観光協会公式ホームページ

『東尋坊遊覧船』
公式ホームページ


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

福井旅行その① 2012.8 [旅行記]

昨年、姉一家と福井県芝政ワールド方面に旅行に行きました。
とても楽しかったので、今年も行く予定です(^^)

ということで、昨年のをUPしてしまいます~

とはいうもののあまり写真がないので、感想など交えて。。。。

京都からだと芝政ワールドまで3時間半くらいはかかりました(-_-;)
姉の三重からだと4時間はかかったみたい。

夏休みで土曜日の芝政ワールドでしたが、8月も後半だったので、それなりの混み具合でした。
一番人気の「しばまさザウルス」のスライダーは待ちがすごかったので、夕方に1回だけ乗ったのみ。
でも、波のプールや小さなスライダーもあるので子どもたちはそれなりに楽しかったようです。
芝生がたくさんあるので、簡易テントを持ち込んで張ると便利です。(日よけ場所が少ないので)
そこらじゅうでテントが張られてました。
もちろん我が家も張りました。

そして今回の宿泊先はあわら温泉「清風荘」さん。
大きなホテルというか旅館です。
じゃらんで予約しました。
プランは「B級グルメ:ソースカツ丼プラン」で大人1泊2食で11,500円だったと。

夕方18時頃チェックインをし、温泉に入ってから夕食会場である宴会場へ。
ちなみにお風呂は内湯、露天風呂、つぼ湯と結構広めの湯船で気持ちよかったです。
お湯はさらりとしたお湯でした。

さて夕食はこんな感じでした。
121207P1040532.jpg
B級グルメ:福井ソースかつ丼膳
海鮮小鍋、サイコロステーキ、ソースかつ丼、汁物、お漬物。

121207P1040531.jpg
ソースかつ丼。ご飯の上には千切りきゃべつ、その上にヒレカツ3枚。
福井はソースかつ丼が有名らしく、特に有名なお店はヨーロッパ軒というお店らしい。
ソースかつ丼は駒ヶ根かと思ってましたが、案外どこにでもあるのかな。
と調べてみたら駒ヶ根、福井、会津、伊那と。
岡山はデミかつ丼が有名みたい。

で肝心のお味ですが・・・ソース「甘い」です。私には・・・甘いよぉ。
ウスターソース、私の好みは「コーミ」なのですが、それに慣れているので、ここのソースかつ丼のソースはかなり甘く感じる(×_×)
海鮮鍋のお出汁も甘め。福井って甘めの味付けなのかな。

で子どもの夕食は
121207P1040527.jpg
このお膳と
121207P1040530.jpg
ハンバーグと
121207P1040528.jpg
湯で蟹。

子どもの夕食の方がかなり豪華でした(^^;)

でその日はまた温泉に入り、旅館のゲームコーナーでゲームをしたりして就寝。
一日目が終わりました。

続く。。。。

『芝政ワールド』
住所:〒913-0005 福井県坂井市三国町浜地45−1
電話:0776-81-2110
駐車場有
公式ホームページ

『あわら温泉 清風荘』
住所:〒910-4104 福井県あわら市温泉3−803
電話:0776-77-2500
公式ホームページ
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

淡路島旅行おまけ おみやげ編 2012.2 [旅行記]

食べ物のおいしい土地に行くとついつい、たくさんお土産を買っちゃいますね!

今回の旅行ではいろんな場所でいろいろ買いましたぁ(^o^#)

120226P1030267.jpg
“あさじ“さん”で買った「焼あなご」
120226P1030268.jpg
あなご大と小
120226P1030269.jpg
あなごしぐれ

続きを読む


nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

淡路島旅行2日目 その②2012.2 [旅行記]

「廻る寿司 金太郎」さんで昼食をとったあとは、同じ津名にある【淡路ワールドパークONOKORO】へ。
120226P1030204.jpg
この施設は遊園地、世界のミニチュア建造物、童話の森、体験教室があるレジャー施設です。

今回の記事はとっても写真が多いです(今までも多いか)。。。。よろしければお付き合いください(^人^)

2月は入園料が半額!ということで、通常大人800円が400円でした(*゚▽゚)ノ
2月は京都もそうですが観光客が一番少ない月。
この施設も人はまばらでした。

120226P1030209.jpg
まずは体験館でオカリナ絵付け体験をしました。

続きを読む


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

淡路島旅行2日目 その①2012.2 [旅行記]

淡路島2日目。

朝、6:30に起床し、温泉へ♪
朝早くにもかかわらず、結構人がいました。

7:00過ぎ、部屋に戻ると息子くんが起きていました。
なので、2人で1階の朝食会場へ。
朝食はバイキングです。
私は朝は和食が好きなので、和食のおかずを主にして少しずつ取りました。
120301CA390135.jpg
おかず盛に海苔、納豆、湯豆腐、とろろ、お漬物、お味噌汁。。。。
120301CA390134.jpg
サラダにフルーツヨーグルト写真はないですが、玉ねぎスープもあったのでそれもヽ(^◇^*)/
おかずはもっと種類がありましたが、ひと皿にのる程度にしました。でもこれでも結構なボリューム。
どれも結構おいしかったですよ。お味噌汁は濃かったけど。

で、息子くんはというとトースト、ハム、ソーセージ、玉ねぎスープ、ヨーグルトだけ。
朝は食欲ないそうで。。。。
たっぷり食べる母を見て「お母さん、食べすぎ。。。。」と言いよりましたw

朝食を終えると、私はひとりで福良漁業組合で開催される【うずしお朝市】へ。
(息子はおいていきます、旦那くんはまだ寝てました( ̄ー ̄|||) )
この「うずしお朝市」は毎月第4日曜日に開催されるそうで、たまたま第4日曜だったので行く事ができました(^-^)V
ちなみに開催時間は9:00~11:00だそうですが、8:30に行ったらもうやってました。
なので、早めに行っても大丈夫そうです。
120226P1030148.jpg
規模的にはあまり大きくはないですが、野菜や鮮魚、干物、天ぷら、お寿司、ぽん菓子、衣料品など幅広く売られてました。

続きを読む


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

淡路島旅行1日目 その④2012.2 [旅行記]

さて、道の駅うずしおを出て、次は今回の宿泊先【南淡路ロイヤルホテル】へ。
17:15頃チェックインです。
今回はじゃらんで「7・5・3のつく日は10,000ぽっきり(税抜き)」というプランで宿泊です。
120226P1030159.jpg
全体が写ってないですよね~(^^)ゞ
南淡路ロイヤルホテルの建物は真上からみると三菱のマークのような形をしています。
120226P1030112.jpg
お部屋はこんな感じで。。。。禁煙デラックスツインです。写ってないですがエキストラベットを入れてもらい3つです。
120301CA390132.jpg
結構広いお部屋でテーブルもソファもあって良かったです。
贅沢をいえば、ユニットバスが狭いな~、セパレートならと思いました。
120226P1030113.jpg
窓から見た風景は。。。「オーシャンビュー」ではありませなんだ・・・(_ _)残念。。

続きを読む


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

淡路島旅行1日目 その③2012.2 [旅行記]

うずしおクルーズを楽しんだ後は、大鳴門橋を渡り、徳島県へ。
鳴門北icを降り、車で5分ほどで【徳島県立大鳴門橋架橋記念館 エディ】に到着です。
駐車場は運よく一番近くの第1駐車場に止めれました。
(行った時間が15時過ぎだったので、うずしおの見頃時間が過ぎてたからか。。観光客は少なめでした:ちなみにこの日の見頃は14時前後)

120226P1030109.jpg
こちらは大鳴門橋架橋記念館エディです。
120226P1030050.jpg
で、そこからちょい歩いたところに“渦の道”があります。
渦の道は大鳴門橋の下部を徳島側から淡路島側へ450m程の遊歩道です。
120226P1030048.jpg
歩道から見えた風景。大鳴門橋が見えます。

入場料はエディが大人600円、渦の道が500円で1,100円ですが、セット券だと880円なので、どちらも行くという方はセット券を買ったほうがお得です。

渦の道 ゴ~ッ!

続きを読む


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

淡路島旅行1日目 その②2012.2 [旅行記]

ひらまつ食堂さんで昼食を終えたあと、うずしおクルーズの乗り場である【うずしおドームなないろ館】へ。
同じ福良にあるので車で5分くらいで到着です。
120226P1020966.jpg
車はドームの向かいの第1駐車場にとめました。
ちなみに駐車料金は無料です (*゚▽゚)ノ 
駐車場は第2、第3とあるようです。

ドームの周辺には露店のような食事処や海産・農産物を売るお店がありました。
120226P1030046.jpg
120226P1030045.jpg
13:30の出航までに小一時間ほど時間があったので、ドーム近くのお店で海鮮焼きをいただくことにしました。
120226P1030047.jpg

続きを読む


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

淡路島旅行1日目 その①2012.2 [旅行記]

今回は旅行シリーズです。

2012年2月で結婚10年目を迎えました~(^人^)パチパチ~っ!
10年間、ありがとうです、よくお互い我慢?しましたネ(^-^)V
いたらないとこだらけでしたが、これからもたのみますね(^_<)~★

ってことで記念に淡路島へ1泊2日旅行を計画し行ってきました。
(10yearsダイヤモンドは20年までお預けです)
綿密な?計画を立て(誰が?私がです)、まずは京都を8時半出発です。

予定としては
一日目:「炭焼あなご あさじ」で穴子購入→福良で「平松食堂」でお昼→「うずしおクルーズ」に乗る→大鳴門橋記念館を見る→ホテルチェックイン→ホテルで夕食と温泉を楽しむ

二日目:「うずしお朝市」に行く→赤い屋根でお買い物→昼食にお寿司を食す→「淡路ワールドパーク」へ行く→夕食においしい物を食べる→帰京

っていう予定で。どこのICで降りるかなど大体の時間も考えての予定です。

午前中はあいにくの雨。。。やっぱり雨男(旦那くん)、でも息子が生まれてからは完全に雨はなくなりましたが。。。(ちなみに私は曇り女)
120226P1020917.jpg
120226P1020916.jpg
明石大橋を抜ける頃には雨はやみました(^^)q
神戸のあたりはやや渋滞がありましたが、北淡icを降り、まずは目的地の【炭焼あなご あさじ】さんへ。
10時40分頃到着~~。

続きを読む


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

二見シーパラダイス(三重県鳥羽市) [旅行記]

お昼を「海鮮丼 浜辺丸さん」で食べた終えると時間は14時くらいでした。

当初は鳥羽水族館へ行こうかと思ってましたが、この時間から水族館に行ってもじっくり楽しめないし、入館料高いし。。。ということで【二見シーパラダイス】に行くことにしました。
シーパラに来るのは実に10年振りくらいです。

二見シーパラダイスは入館料は大人は1,400円、小学生は600円。
でもJAFの会員カードで10%OFFしてもらいました。

二見シーパラダイスの目玉は「あっかんべぇまるこちゃん」。
“あっかんべぇ”をしてくれるミナミゾウアザラシのまるこちゃんというのがいます。
他にもアシカショーなどもあるのですが、行った時間が遅かったので終了していました _(_ _)_ ガクリ__

まず入ると、淡水魚ゾーン → トロピカル広場(南国風の広場で、ちょっとしたお土産が売っており、ちょっとした飲食ができる売店がありました) → 回遊水槽 → 海水魚ゾーン → ペンギン・カワウソ・イルカ・アザラシなどがいるゾーン となってます。

今回久しぶりに来て、発見したこと!!というかこの施設コンセプトがかなり変わってましたヨ!!
以前は普通のアザラシなどの海獣やちょっとした魚たちがみれる「ミニ水族館」っていう感じでしたが、関西ノリの施設に変わってました。

例えば
120120P1020715.jpg
普通にサメがいる水槽ですが、近づいてみるとぉ。。。
120120P1020716.jpg
サメの説明でなく「フカヒレスープのレシピ」が書いてあるのです。

続きを読む


nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

飛騨高山旅行3日目その②2009.10 [旅行記]

昼食をとった道の駅上宝から高山市へ。。。向かったのは【飛騨高山 まつりの森】
「まつりの森」という施設の他に別館で「世界の昆虫館」などがあります。
まずは「まつりの森」へ入館。
100816DSC03473.jpg
大きな太鼓。私も叩きました。息子ちゃんも。かなりデカい太鼓です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。