So-net無料ブログ作成

福井旅行 その③2012.8 [旅行記]

さて、東尋坊で遊覧船に乗ったあとは、東尋坊のお土産屋が並ぶ通りを歩いてお買物。
写真は無いですが、「ひじきふりかけ」とか買ったり、珍味の試食をしたりして、結構楽しかったです。

東尋坊観光の次は勝山の「恐竜博物館」へ。
でもその前にお昼ごはん。

お昼ご飯は事前に調べて、席予約のみしておいた「海鮮茶屋五右エ門」さん。
121207P1040561-46172.jpg
三里浜よりちょい西の辺。予算1,000円前後です。海鮮系が食べたかったのだけど、三国で有名な「海鮮丼」は2,500円ほどするし、今回は安めでいきたかったので。

子どもたちは「すしラーメン定食=890円」などを頼んでおりました。(写真なし)
旦那くんと私は「海鮮丼(並)1,050円」「旬のにぎり寿司1,260円」を頼んで分け分け。
姉夫婦も同じように~。

121207P1040557.jpg
海鮮丼。甘海老、イカ、ハマチ、鯛、ワカメなどなど。
抜群!ではないですが、そこそこ美味しかったです。

121207P1040558.jpg
旬のにぎり寿司。味噌汁つき。

121207P1040559.jpg
いくら、〆鯖、イカ、甘海老

121207P1040560.jpg
イワシ、鯛、ハマチ、マグロ(多分ヨコワ)

イワシの小骨が気になったけれど、こちらもそれなりに美味しかったです。
まあ、お寿司屋さんで旬のにぎりセットをいただいたら2,500円くらいはしますしねぇ。
1,260円だし、100円寿司より美味しかったです。

お昼を食べた後は「恐竜博物館」へ。
あまりいい写真がないのでごめんなさい、UP画像無しです。
博物館では予約を入れておいたので、化石発掘体験をしました!
小さな巻貝でしたが、化石も発見できたので、子ども達は満足したようです(^^)
博物館も大きいし、見ごたえありました。

ということで、遅くなりましたが、昨年行った福井旅行でした~~。


『海鮮茶屋五右エ門』

住所:福井県 福井市川尻町41-8-1
営業時間:11:00 ~ 21:00
定休日:水曜日
駐車場あり
公式HP

nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

福井旅行その② 2012.8 [旅行記]

昨年の福井旅行、2日目。

清風荘さんの朝食はこんな感じ。
121207P1040533.jpg

121207P1040534.jpg
バイキングではなかったので、量もほどほどで完食しました。

チェックアウトしたあとは東尋坊へ行きました。
130106P1040541.jpg

東尋坊は旦那くんと昔来たことがあったのですが、遊覧船に乗ったことがなかったので乗ることに。
姉一家も遊覧船は初めてとのこと。
乗船場はかなり急な階段を降りていきます。

船から見た風景。
130106P1040552.jpg

130106P1040553.jpg
東尋坊の絶壁を見上げた風景。

130106P1040554.jpg

130106P1040551.jpg
雄島です。朱色の橋がかかっており、島まで渡れるようになっています。

130106P1040550.jpg
雄島の裏側。

~ここで雄島談~
ちなみに雄島、有名な心霊スポットらしいです。(東尋坊もそうだけど)
東尋坊で飛び込み自殺した人の遺体が潮の流れで雄島にちょうど流れ着くそうな・・・。
雄島には散策道があり島を一周できるようになっていますが、半時計周りに周ると連れて帰ってくるとか(何を?!ってもちろん・・・)っていう噂があるそうな。

昔、旦那くんと心霊スポットということも知らずに雄島に観光に行きました。
遊歩道があると知り、散策しようと入り口の階段を上がったところ。。。もやっとした黒いものが前から近づいて着ました・・・。
「なんだ?」と近づく黒いもやを見ると・・・“蚊の大群!!”!!━━━(゚ロ゚;)━━
「逃げろ~~!」と二人で、もと来た道を全速力でダッシュ。

振り返るともう居ませんでした(ずっとは追いかけて来なかったようで(^^;))
でも服を見ると数匹の蚊が口の針が服に刺さった状態でぶら下がっていました・・・。
後にも先にもあれだけの蚊の大群を見たことはありません。

あとから、有名な心霊スポットと知りましたが(さびれた感じの神社もあったし)、幽霊よりも何よりもあの「黒いもや(蚊の大群)」が一番怖かったです。
(もしかしたら「入って来るな~」っていう虫の知らせみたいなものだったのかしら。とすれば効果てき面な排除法です、ハイ)

とその雄島の近くも遊覧船は船行します。
でも乗船場までまた戻るというコースで30~40分くらいだったと思います。
初めて乗ったので、結構楽しかったです。

ということで続く。。。。。


『東尋坊』
住所:〒913-0063 福井県坂井市三国町東尋坊
電話:0776-82-3111
三国観光協会公式ホームページ

『東尋坊遊覧船』
公式ホームページ


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

福井旅行その① 2012.8 [旅行記]

昨年、姉一家と福井県芝政ワールド方面に旅行に行きました。
とても楽しかったので、今年も行く予定です(^^)

ということで、昨年のをUPしてしまいます~

とはいうもののあまり写真がないので、感想など交えて。。。。

京都からだと芝政ワールドまで3時間半くらいはかかりました(-_-;)
姉の三重からだと4時間はかかったみたい。

夏休みで土曜日の芝政ワールドでしたが、8月も後半だったので、それなりの混み具合でした。
一番人気の「しばまさザウルス」のスライダーは待ちがすごかったので、夕方に1回だけ乗ったのみ。
でも、波のプールや小さなスライダーもあるので子どもたちはそれなりに楽しかったようです。
芝生がたくさんあるので、簡易テントを持ち込んで張ると便利です。(日よけ場所が少ないので)
そこらじゅうでテントが張られてました。
もちろん我が家も張りました。

そして今回の宿泊先はあわら温泉「清風荘」さん。
大きなホテルというか旅館です。
じゃらんで予約しました。
プランは「B級グルメ:ソースカツ丼プラン」で大人1泊2食で11,500円だったと。

夕方18時頃チェックインをし、温泉に入ってから夕食会場である宴会場へ。
ちなみにお風呂は内湯、露天風呂、つぼ湯と結構広めの湯船で気持ちよかったです。
お湯はさらりとしたお湯でした。

さて夕食はこんな感じでした。
121207P1040532.jpg
B級グルメ:福井ソースかつ丼膳
海鮮小鍋、サイコロステーキ、ソースかつ丼、汁物、お漬物。

121207P1040531.jpg
ソースかつ丼。ご飯の上には千切りきゃべつ、その上にヒレカツ3枚。
福井はソースかつ丼が有名らしく、特に有名なお店はヨーロッパ軒というお店らしい。
ソースかつ丼は駒ヶ根かと思ってましたが、案外どこにでもあるのかな。
と調べてみたら駒ヶ根、福井、会津、伊那と。
岡山はデミかつ丼が有名みたい。

で肝心のお味ですが・・・ソース「甘い」です。私には・・・甘いよぉ。
ウスターソース、私の好みは「コーミ」なのですが、それに慣れているので、ここのソースかつ丼のソースはかなり甘く感じる(×_×)
海鮮鍋のお出汁も甘め。福井って甘めの味付けなのかな。

で子どもの夕食は
121207P1040527.jpg
このお膳と
121207P1040530.jpg
ハンバーグと
121207P1040528.jpg
湯で蟹。

子どもの夕食の方がかなり豪華でした(^^;)

でその日はまた温泉に入り、旅館のゲームコーナーでゲームをしたりして就寝。
一日目が終わりました。

続く。。。。

『芝政ワールド』
住所:〒913-0005 福井県坂井市三国町浜地45−1
電話:0776-81-2110
駐車場有
公式ホームページ

『あわら温泉 清風荘』
住所:〒910-4104 福井県あわら市温泉3−803
電話:0776-77-2500
公式ホームページ
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

京はやしや 京都三条店@京都市中京区 [甘味/ケーキ]

さてさて、「ブラン・ピエールさん」でお昼を食べた後は、抹茶スイーツを食べに、三条木屋町あたりの【京はやしや 京都三条店】さんへ。
何度か来たことがありますが、京都にはこの三条店1店舗です、他府県の東京や横浜、博多に出店してはりますね。

ここで食べる予定だったので、ブラン・ピエールさんでは、ドルチェを頼まなかったのです(^^)

このはやしやさんは、三条通りの木屋町を東に行った南側のタカセビルというビルの6階です。
エレベーターで6Fに行くと、2時半ごろでしたが、すでに前に3組ほど待ちの列。
でも都路里さんや中村藤吉さんのお店ほどの行列はないので、30分くらい待って入店できました。
(宇治の中村藤吉さんや伊藤久右衛門さんの喫茶入店まで2時間待ったことがあります・・・(>_<))

「抹茶と桜の春パフェ」なんてのもありましたが、今回頼んだのは「抹茶あんみつ」「2種選べるハーフサイズケーキと抹茶ミルクセット」を家族3人でわけわけ。
私はスイーツ好きではないので、ひとつまるっとは食べられないので。
姪っ子たちは「抹茶パフェ」。姉もケーキセット、兄は抹茶あんみつとひとりにひとつずつオーダーしてました。

130106P1050812.jpg
ほどなくしてやってきた「ケーキセット」。
抹茶チョコレートケーキ、抹茶シフォンケーキ、抹茶チーズケーキ、あとなんだったけなぁ、他にもあったと思いますが、そこから選んだ2種は

130106P1050813.jpg
「抹茶チョコレートケーキ」「抹茶シフォンケーキ」。
抹茶チョコレートケーキは抹茶がとても濃厚で、でも甘過ぎず美味しい!(小さいけど)
シフォンケーキもふわふわで美味。

130106P1050814.jpg
セットの抹茶ミルクはほとんど息子くんが飲みましたが、甘過ぎない抹茶ミルクでおいしかったです。

130106P1050815.jpg
抹茶あんみつ(黒蜜つき)。ほうじ茶がついています(ほうじ茶はおかわりできます)。

130106P1050816.jpg
抹茶アイス、抹茶わらびもち、抹茶ゼリー、白玉、寒天、あんこ。

130106P1050817.jpg
抹茶ゼリー。ぷるんぷるんの食感、甘さ控えめでおいしい(^^)

130106P1050818.jpg
抹茶わらびもち。これがすご~く抹茶が濃厚でクニュっとした食感、あまり甘くなくておいしい~。
洛匠の草わらびもちよりこちらの方が好き[揺れるハート]
でもこのわらびもち、お持ち帰りもありましたが、値段お高め。1箱千円超えてた記憶が。。。。抹茶濃いしなぁ。

130106P1050811.jpg
姪の頼んだ「抹茶パフェ」。
美味しそうに食べておりました!

京はやしやさんは、ビルの中にある店舗なので、ここにそのお店があるということを知っていないと入ることがない立地。
行かれるときは、位置を要チェックですね。
都路里さんや藤吉さんと同じく、本格的な抹茶スイーツがいただける美味しいお店でした。

管理人的おすすめ度:☆☆☆ 3.8

『京はやしや 京都三条店』

住所:京都市中京区中島町105 タカセビル6F
電話:075-231-3198
営業時間:11:30~21:30
定休日:不定休
駐車場なし
お店への地図:食べログ参考
公式HP


nice!(17)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

ブラン・ピエール(Restaurant blanc pierre)@京都市中京区 [洋食/フレンチ/多国籍料理]

だいぶ、ほったらかし・・・すみません。
ひさびさの更新でございますm(_ _)m

桜も散り(京都は3月末が満開でした!)、新学期も始まりましたね。

今回は姉一家が春休みももう終わるからと京都に来た、そのときのランチをUPします。

友人が行って「良かったよぉ」と言っていた京都フレンチのお店【ブラン・ピエール】さんへ予約を入れて行ってきました。
御幸町通り、夷川を上がった東側にあります。
130106P1050776.jpg

フレンチと言っても祇園界隈やホテルのような高級フレンチではなく、お手ごろな価格設定のカジュアルフレンチです。

130106P1050800.jpg
ランチは1,200円からありました。

店内はテーブル3卓とカウンターでそんなに広くはないです。
中庭が見える窓は一面ガラス窓といった感じで、光の入りが良くて、明るい雰囲気。
今回は7名でしたので、カウンター3、テーブル4と分かれて座りました。

今回は子どもたちは1,200円の“本日のランチ”を。
サラダ、スープ、本日のメイン、パンといった構成。

大人は1,700円のランチBを。
こちらは、シェフからの一品、選べる前菜、スープ、選べるメイン、コーヒーor紅茶という構成。
ドルチェは+300円で。
今回はドルチェは付けませんでした。(ランチのあとに抹茶スイーツを食べに行く予定でしたので)

さてまずは、シェフからの一品。
130106P1050777.jpg
玉ねぎのタルト。ひとくちサイズでしたが、オニオンスープをギュッと固形にした感じの味わい。

130106P1050778.jpg
パンは2種。バターではなく豚のリエットが添えられてます。
このリエットがとてもおいしく、パンがすすみました。
パンはフランスパンはパン屋さんのだそうですが、丸いパンは自家製だそうで、これがもちもちしててとても美味しかったです。

130106P1050782.jpg
こちらは子どもたちのランチのサラダ。パン粉のついた半熟揚げ卵?半熟たまごの好きな息子くんは喜んで食べていました。
ドレッシングはフレンチドレッシングですが、息子には酸味が強すぎたみたい。

前菜は3種ほどありました。確か。。。(今回はメニューは撮ってないのでうろ覚え)
「サーモンのコンフィ」「パテ・ド・カンパーニュ」「車海老と蛸のプロバンス風+300円」
で、私と姉は「車海老と蛸~」にし、兄と旦那くんは「パテ・ド・カンパーニュ」で。

130106P1050786.jpg
こちらは車海老と蛸のプロバンス風。
下地にクスクスがひいてあり、そのうえに、トマト風味のグリルした海老と蛸がのってました。もちろんニンニクの風味もあり、まわりのソースはバジル風味。
どちらかというとイタリアンぽい味わいですが美味しかったです。

130106P1050784.jpg
こちらはパテ・ド・カンパーニュ。レバーの入ったパテ。
繊維のあまり感じない美味しいハムを食べてる。。って感じかな
横のソースはマスタード風味のソースです。

そしてこの日のスープは
130106P1050787.jpg
さつまいものポタージュ、バニラの香り。
これがまたまた、ほんのり甘く、バニラビーンズ入りオイルで香りもよく、とても美味しかったです。

メインですが、メインは「子羊の煮込みと野菜のペンネ」「鱸のポアレ」「羊のナバラン」「フランス産ひな鶏のロースト」「フォアグラ入り和牛ハンバーグ」「豚バラのとろとろ煮込み香草パン粉焼き」「フランス産鴨肉のロースト蜂蜜とエピスのラケ+300円?」「和牛ステーキ+500円?」といったところで。

で、私と兄は「ひな鶏のロースト」、旦那くんは「豚バラ」、姉は「鱸のポワレ」、子どもたちの本日のメインは「羊のナバラン」。

130106P1050796.jpg
子どもたちの羊のナバラン。
ちょっともらいましたが、私はやっぱり羊の独特のにおいが苦手・・・
息子くんは「うまいうまい」と食べていましたけど。

130106P1050793.jpg
私のメイン、フランス産ひな鶏のロースト。
皮はパリっとして、鶏臭さもなく、身はふっくらジューシー。
添えられていたシュプレームソースも鶏に合っていておいしかったです。

130106P1050789.jpg
旦那くんの豚バラ。
豚バラは煮込まれているので、とてもやわらかく脂がとろっとしていて、また添えられているソースがとっても美味しくて、旦那くんのメインなのに半分私がいただいてしまいました。。。(もちろん自分のメインを半分あげましたヨ)
たぶんこのソース、フォンドボゥに赤ワインも入ってるような感じの甘めのソースで絶品でした。
お肉によく合いますね。

姉の鱸のポワレは席が離れていたので写真無し。

そして最後は130106P1050799.jpg
紅茶で〆ました。

いやぁ1,700円のランチ、ボリュームもあり、味も良く、CP高いです。
1,200円のランチはメインが苦手なものでなければ、CP最強ですね。
パンもおかわりできちゃいますしね(^^)

姉一家も我が家も大満足のフレンチランチでした!
(兄さま、ゴチになりました!)

ちなみに予約はした方がいいですよ、何組か満席で断られていらしたし。

また、ぜひ予約をして訪れたいと思います。

------------

さて、ランチ後は歩いて南下しました。
木屋町通りを下っていくと、高瀬川にかかる桜の枝がとてもきれいでした☆
130106P1050820.jpg

130106P1050822.jpg

130106P1050823.jpg

130106P1050824.jpg

130106P1050828.jpg

京都に住みながら、桜のシーズンに高瀬川を歩いたことがなかったので、人は多いですが、たまには良いものだなぁと思いました(^^)

管理人的おすすめ度:☆☆☆☆ 4.0


『ブラン・ピエール (blanc pierre)』


住所:京都市中京区御幸町夷川上る松本町577
電話:075-231-8550
営業時間:11:30~14:30(L.O)/17:30~21:30(L.O)
定休日:火曜
駐車場なし
お店への地図:食べログ参考
お店のHP


nice!(17)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。